家賃の債務を保証する|みんなで大家さんなら安心して投資できる|評判の良い理由を知ろう

みんなで大家さんなら安心して投資できる|評判の良い理由を知ろう

婦人

家賃の債務を保証する

集合住宅のイラスト

賃貸が保証される仕組み

家を借りる時に必要なのが連帯保証人です。通常なら親や親戚などに頼むことが多いですが、頼めないという人も多くいます。そんな時に役立つのが家賃債務保証をしてくれる会社です。家賃保証会社が賃貸借契約をする時に求められる連帯保証人に変わって、手数料を得ることで第三者が連帯保証人になるサービスです。借主に家賃の滞納などの債務不履行があった時に、貸主に対して立替え払いを行います。借主は後から立替え払いしてもらった分を家賃債務保証会社に対して支払います。この会社を利用することによって貸主は家賃が滞納されることを防ぐことができ、借主も連帯保証人を誰かに頼む必要がなくなります。高齢者や障害者、外国人滞在者などにオススメの制度と言えます。

利用できない人の特徴

家賃債務保証を行ってくれる会社のサービスはとても便利です。ただし、家賃債務保証を行ってくれる会社もビジネスであるため、申し込んでも落ちてしまう場合があります。家賃債務保証を利用できない人には特徴があるため注意が必要です。転居の理由が不明な場合は落とされます。トラブルは会社も避けたいため、少しでも怪しいと審査では落とされてしまいます。ルームシェアや契約主と居住者が別な場合も落とされることがあります。契約者が転居しても、残りの住人が退去を拒むなどのことが考えられるため保証会社もリスクのある契約になってしまいます。生活保護受給者も落とされます。特に精神疾患が理由の場合はコミュニケーションが取れないなどの問題が出てきます。様々な特徴がありますが、面倒になりそうなケースは保証会社は避ける傾向にあります。